とことんhappy life 親業講座

とことんhappy life

「のほほん子育て日記(http://happyfamily829.blog7.fc2.com/)」から引っ越しました。懸賞大好きな子育て主婦です。 日々の子どもの成長の記録や懸賞のことを書きます。 自分にもみんなにもたくさんHappyがやってきますように♪
TOP子供の教育 ≫ 親業講座

親業講座


気が付けば、10日近く更新しなかったわっ(+_+)

理由はただ単に忙しいだけなんだけどね・苦笑

今日の午前中に、自分が役員をやっている集まりで講座を開いたのよ。

講師に頼むだけなら、そんなに大変じゃないんだけど。。。

子連れOK講座にしたくて、、、参加希望者を確認したら、なんと託児の人数が20数名!!

託児ボランティアに頼むんだけど、その調整がね。。

とりあえず、無事に終わってよかったわっ。

次男は、帰ってからお昼タイム。

久々にできた休日の時間、ブログを更新することにしたわっ。




『親業講座』っていうものを受けてみたんだけど、こういった講座って、まとめると自分でも実践しやすい気がするので、自分のメモとして書いておくわ。

親の仕事はなにか?と聞かれると、

「子供を自立させること」「衣食住を含めて子供の生きる基礎を作る」などなどいろんな答えがありますよね。


子供の心を育てること⇒子供の心が育つと自立(問題にぶつかった時、自分で考えて行動する)につながる
    
今の年齢のこの時期に親がどうかかわっていくかが大切(今は、生きるための基礎を作っている時期)

では、この時期に、親が子供の自立の芽を摘んでしまっていることはないですか?

⇒小さいときから、いろんなことを考えて、選択させることが大切。

⇒子供が悩んだり、悲しんでいるときに親がどういう関わりをするかが大切。



子供を産んだら、すぐに親になれる。

でも、親として子供を育てあげることはとてつもなく大きな仕事。そんな大きな仕事をしているにも関わらず、学ぶ機会がない。親業は、親が必要とするコミュニケーション力を学んだり、トレーニングをする場ということらしいです。



子供が困っている時(悩んでいるとき)は、子供が考えるチャンスを学んでいるとき。それを邪魔しない親になる。

例えば、子供が「A君が仲間に入れてくれない」と言ったとき、自分ならどう答えますか?

「家で遊びなさい」⇒指示・命令
「A君と遊んだらどう」⇒提案
「かわいそうに」⇒同情
「おやつ食べよう」⇒ごまかす   etc・・・(全12フレーズ)

これらの12の返答は、子供が心を閉ざす「お決まりの12の型」。子供はこの返答を愛情として受け止めないらしいです。

(よく考えたらね、↑のような返答を自分がされたらいやだと思ったわっ)

聞き方のポイントは

・黙って最後まで聞く
・子供の言ったことを繰り返す
・子供の気持ちをくむ



親は子供の悩んでいる姿を見たくないので、いろいろとアドバイスをしようとします。

親はすでにいろんな経験をしているので、↑の指示・命令のような言葉を使ってしまう。

毎日、こういう言葉の積み重ねがあると、子供が自分で選択するのをやめてしまう。


怒りや悲しみなど辛い気持ちを経験させることが大切⇒そこから、感性が育ち、知性が育つ⇒大きくなった時に、自分で感情をコントロールできるようになる


怒り、悲しみなど否定的な感情を受け入れて、子供の気持ちをくみとると、子供は「自分のことを分かってくれた・理解された」と感じる⇒理解されていることが分かったら、子供は安心して、次のステージに行ける。


子供が困った時・悩んだ時 ⇒ 親は口を閉じて、気持ち(心)を聞くことが大切。

子供の気持ちをくみとりながら、子供の話をじっくり聞くと、子供の心に人の話を聞こうとおもう、隙間ができる。(悩みでいっぱいの子供(大人も同じ)には、他人の言葉を受け入れる余裕がないから)


子供の悩みを聞いて、親が命令や提案のようなアドバイスをすると、、、

⇒親の心はすっきりするけど、子供の心はもやもや、

逆に、子供の悩みをしっかり聞いて、子供の悩みを汲み取るだけだと、(子供に任せるだけだと)

⇒子供の心はすっきりするけど、親の心はもやもや

でも、子供の心の成長を考えると、後者であるべき。


子供の気持ちをくんで、言葉にすることが大切



例えば、出かけるのになかなか準備をしない、宿題をしないなどの時、

親は、早くしなさい!宿題をしなさい!!など「あなた」が主語のあなたメッセージを使っている。(自分が困っているのに、相手(子供)に注文をつける)

あなたメッセージ⇒子供の自尊心を傷つける⇒反発・反感を親に感じて、行動するようになる。

あなたメッセージではなく、「私メッセージ」で伝えてみる。

「私は、あなたが宿題をしていない子と思われるのが嫌、だから宿題をしてほしい」

「子供が宿題をしなくてもOKな親と思われることが嫌」

など、正直に自分の気持ちを伝える。

親がどういう理由で困っているか分かると、子供の態度も変わってくる。


あなたメッセージを使って、無理やりさせるとすぐに成果は出る。でも、私メッセージでやってもらうようにするにはすごく時間がかかる。でも、すごく効果はある。

(ちなみに、自分の気持ちを伝えることは難しいことらしいので、じっくりと学ぶことが必要ということです。ただ、そうすることで自分自身の自立につながるとか)


しつけや教育は親や子供が困っていない時にやるとよい。

(親や子供が悩んでいるときにやろうとすると、命令になったり、批判になったり・・・)

例えば、お風呂に入っている時など、タイミングが大切らしいです。

あとは、何気ない普段の生活でも、自分を主語にしてほめるといいみたい。

「朝起きてきたね、お母さんうれしいわ~」

「服が着れたね、お母さんうれしい」など、思った時に褒める。



親子関係だけでなく、人間関係でも

「私はね・・・」と自分のことを言う人は人を安心させる

逆に、人のことばかりいうことは人を不安にさせたり、好印象は持たれない。

なかなか、私のことは言うけど、人のことは言わないようにはできないが。

コミュニケーションを変えていくにはトレーニングが必要みたいです。



今回は、親業の導入のような感じもあったけど、子供とのかかわり方、声掛けはすぐに実践できるものばかりだなって思って、さっそく使ってるよ~。

親子の関係って、毎日いろんな悩みが出るし、学んでも、忘れるので、時々、こういった感じで学ぶ場って必要だなっておもう。

よいお話を聞けて良かったって思いました♪♪


スポンサーサイト

Comment

No title
編集
がんばってるね~役員!
託児付きの講座なんて嬉しいね!
親業講座なんて、いい講座だ~~~子育てはむずかしいもんね。
2016年02月14日(Sun) 20:31
♪ぐりんさんへ
編集
> がんばってるね~役員!
ぼちぼちね~(*^_^*)

> 託児付きの講座なんて嬉しいね!
託児つきで、参加者が多かったから、小さい子供がいるお母さんで話が聞きたい人が多いんだな~って思ったわ。


> 親業講座なんて、いい講座だ~~~子育てはむずかしいもんね。
そうそう、さっそく使っているけど、なんかね、全然違う。使わない時より、すんなりできるようになった気がする(*^_^*)
2016年02月15日(Mon) 05:10












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

sachi

Author:sachi
のほほん子育て日記
(http://happyfamily829.blog7.
fc2.com/)
から引っ越してきました。
2007年7月生まれの息子を持つママです。
その後、なかなか2人目に恵まれず、不妊治療。めでたく妊娠できました♪
息子の成長や妊婦話、趣味の懸賞などを書いていきたいと思います~♪♪

コメント大歓迎です~(*^_^*)

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
203位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
成長記録
81位
アクセスランキングを見る>>
カウンター